ドクターズコラム-大本浩史先生-|医療法人社団健和会・函館おおむら整形外科病院/北海道函館市若松町【整形外科・脊椎外科・人工関節外科・リハビリテーション科・スポーツ外来】

お問い合わせ院長ごあいさつ病院理念・基本方針健和会・関連施設介護老人保健施設あかまつの里ななえサービス付き高齢者向け住宅こもれびの里ななえ認知症グループホームあずましの里ななえ在宅支援サービス

膝の痛みについて

幼少年期のいわゆる成長痛やスポーツ障害、加齢とともに増えてくる変形性関節症等、膝という場所は痛みの出やすいところであり、人間が二足歩行の動物である限りある意味宿命かもしれません。

中でも日本人の5百万人から1千万人が悩んでいるとされるのが変形性膝関節症と呼ばれるものです。50歳前後から発症し年齢とともに増える病気で女性に多くみられます。関節の軟骨や半月板といったクッションの役目をするものが傷つき、すり減る事がこの病気の本質です。

症状としてはイスから立ちあがった時や歩き始め、階段の昇り降りの際に膝の裏側や内側に痛みを感じます。そのうち脚に体重をかけるたびに膝の内側に痛みが走ります。じっとしていてはあまり痛くなく、また痺れも通常はみられません(腰も悪ければ起こり得ます)。また通常この病気を長く患っているうちに徐々にO脚変形をきたしてきます。

治療としては老化だからと諦める事は全くなく、必要に応じた治療を選んでご自身で治そうとする意欲が大切です。体重のコントロールや太ももの前の筋肉を鍛える事はご自身でできる事であり、関節にかかる負担を軽減する事ができます。具体的には背もたれのあるイスに腰掛け、片足を浮かせて膝をなるべく伸ばして下さい。そのままの姿勢を数秒保ち疲れてきたら元に戻して、反対側の脚も同様に行います。これを左右交互に10回ずつ、1日2回行うようにしましょう。散歩等の運動も痛みがひどくない時には負担のかからない程度に是非行って下さい。

病院で行う治療としては飲み薬、はり薬、リハビリ、装具、注射等があります。飲み薬はいわゆる痛み止めや漢方薬があります。痛み止めは即効性が期待できますが、胃腸障害や腎臓、心臓に障害をおこす可能性があります。有効性は6~8割程度と言われています。漢方薬は防己黄耆湯(20番)という薬が中心となり、やや肥満傾向にある人で関節に水がたまりやすい方に処方されます。効果が出るまでにやや時間がかかります。また副作用が全くないわけではなく血圧上昇等がみられる事があります。靴の中敷きやサポーター等の装具も効果が期待できます。注射はヒアルロン酸が主に使用されます。軟骨の一成分であり関節の潤滑油でもあるヒアルロン酸を関節内に入れる事で炎症を抑える効果があると言われています。膝の痛みでお困りの方は是非お近くの整形外科受診を。
【青いぽすと 平成23年5月30日号掲載】

変形性膝関節症

膝が痛い中高年の方は多くいらっしゃると思います。病院へ行き治療を受けることで良くなる可能性がかなりあります。変形性膝関節症という病気が原因であることが多く、日本人の数百万人がわずらっています。50歳前後から発症し年齢とともに増える病気で女性に多くみられます。関節の軟骨や半月板といったクッションが傷つき、すり減ることがこの病気の本質です。

必要に応じた治療を選んで治そうとする意欲が大切です。体重コントロールや太ももの筋肉を鍛えることは関節にかかる負担を軽減できます。病院では内服薬、外用剤、リハビリ、装具、注射などの治療を行います。内服薬は痛み止め以外に漢方薬を使用することもあります。注射は関節の潤滑油であるヒアルロン酸を関節内に入れることで炎症を抑える効果があります。

症状が軽快しない場合には最終的に手術的治療(主に3種類)が考慮されます。1つめは関節の中の掃除を行う鏡視下半月板切除術という手術です。程度の軽い症例に対して行われることが多く、カメラを用いて傷ついた半月板や毛羽立った軟骨の表面を整えます。2つめはO脚に変形した脚を元来のX脚にするもので、高位脛骨骨切り術といいます。すねの骨の膝に近い部分を切ってX脚になるように骨をずらします。3つめが人工関節置換術で、関節の表面を金属やセラミックなどに変える手術です。日本では1950年代に始まり、現在年間約3万例行われています。切れ味のよい手術ですが痛みの残存する例もあり、若い頃の膝になる訳ではありません。

どの手術にも一長一短があり、病気の進行程度によって向き不向きがありますので、主治医とよく相談されることが良いと思われます。
【函楽 平成23年8月号掲載】